ものづくりの心

マルエス田中商店のこだわり

 周りを海に固まれた日本列島は水産資源に恵まれています。現在のような冷凍設備の無かった昔、豊富に取れた魚を食べきれない分は、身の部分だけを塩と混ぜて固め、加熱し、保存食としました。これがかまぼこなど魚肉練り製品のルーツです。海の幸と日本人のものを大切にする心から生まれた食材と言えます。
 マルエス田中商店ではこの日本人の尊い発明をその価値と共に後世に受け継いで行こうと、日々より美味しいものをつくることを心がけております。

最高の素材を用いて…

 かまぼこの原料にはランクがあり、一般的には用途によって使い分けられるのですが、マルエス田中商店では一貫して最高級のものを使い続けております。

【少人数で、目の届く範囲で製造できる体制を敷いています。】
 大量に生産される工業製品のようになってしまうと小回りが利かなくなり、細かい対応ができません。温度や湿度などその日の条件により製造の仕方は微妙に変わってきます。私どもの得意先様は伊勢の近辺だけです

精巧な機械と職人の匠

 かまぼこ作りでもっとも大事なのは温度管理。蒸し器は温度を細かくコンビュータ制御できるすぐれものを使っています。それ以外は、らいかい機(杵と臼の機械)も包装機も自分たちですぐ修理できる“ローテク"のものを使ってます
 製造工程のほとんどは熟練の職人に手作りによる作業です。

【身近な人に買ってもらえるのが自慢です。】
 従業員、元従業員、ご近所、親威、などに固定ファンがたくさんいてくれるのが心強く、ありがたいことです。伊勢を離れて暮らしている方が、懐かしさと忘れられない味を求めてご注文頂きます。

かまぼここそ純粋の『和』

 和風、日本的なものは数々あれど、そのほとんどは中国やインドから来た、あるいはそこに由来するものでです。その点かまぼこは日本で生まれ育った数少ない貴重な存在です。

【世界が認めたヘルシー食品】
 かまぼこは魚からつくられる高タンパク低カロリーの優秀な健康食品、魚の良いところそのままに。色々な効能が立証されています。
 近年欧米諸国では健康志向から、カニかまを中心にかまぼこの需要が高まっていて、東欧のある国では大きなカニかま工場が稼働しています。

PAGE TOP